製造の流れ・品質管理
製造の流れ・品質管理

製造の流れ・品質管理|流動化処理土

流動化処理土製造フロー

流動化処理土製造フロー

<動画>流動化処理土の製造

配合設計による品質設定

流動化処理の適用用途別の要求品質に基づき配合設計し品質を設定致します。

現場品質管理試験

フロー値(流動性)

1)フロー値(流動性)
フロー値(流動性)の検査には、平坦な板状に置かれた底なしの中空円柱容器に試料を満たして上端面を均し、静かに鉛直に容器を引き上げ、円状に広がった試料の径を計る試験で評価します。

2)密度
配合された処理土の密度(単位体積重量)の測定には、容器に満たした処理土の重量を測定する方法が用いられています。

一軸圧縮強度(材齢7日、28日)

3)一軸圧縮強度(材齢7日、28日)
配合設計時に使用目的に応じて、実験室内での強度試験、透水試験などを行い、採取した供試体の一軸圧縮試験で確認しています。

4)ブリーディング率
泥水中の粗粒土の沈降を抑制するために、粒径に応じて高い粘性が必要となります。 ブリーディング率1%未満で砂の沈降をおおむね抑止できるため、ブリーディング水の発生を抑制するために泥水の粘性を増やす必要があります。配合試験により泥水の水分量、細粒分量を調整します。

 

流動化処理土 関連ページ

  • 流動化処理土について

    流動化処理土について

    オデッサ・テクノスの「流動化処理土」について、特性なども含めてを解説します。

  • オデッサ・テクノスの強み

    オデッサ・テクノスの強み

    オデッサ・テクノスが製造する「流動化処理土」の強みと特長をご紹介します。

  • 液状化対策に「流動化処理土」

    液状化対策に「流動化処理土」

    流動化処理土は、強度と高い密度により液状化を防げるうえに、再掘削が可能です。

  • 流動化処理土 実績紹介

    実績紹介

    道路復旧や地下鉄工事など、流動化処理土を使用した施工実績をご紹介します。

  • 工場案内

    工場案内

    オデッサ・テクノス株式会社には宮城県と北海道に直営工場があります。

 

関連コラム記事

 

導入のご相談などお気軽にお問合せください

  • お問合せ/ご相談

    流動化処理土のご相談やお見積りのご依頼など、お気軽にお問合せください。

  • 022-792-7380

    お急ぎの場合は、お電話にてお問合せください。

 

流動化処理土 ご提供可能エリア

工場から2時間以内で運搬できる場所であれば、ご提供可能です。

  • 北海道エリア:札幌市、石狩市、小樽市、当別町、江別市、北広島市、恵庭市、千歳市、岩見沢市
  • 宮城県エリア:仙台市、石巻市、塩竈市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市、富谷市、他 県内全域