流動化処理土
流動化処理土

流動化処理土

オデッサ・テクノスの流動化処理土

流動化処理土は大量の水を含む泥水(汚泥)に固化材を加えて混練することにより、高い流動性を持たせた土粒子配合の安定処理土です。締め固め機械による施工が困難な狭い空間などの埋め戻し、裏込め、充填などに用いられています。建設工事や各種事業で発生した無機性汚泥を再利用し再利用が可能です。

オデッサ・テクノスが製造・販売する「流動化処理土」の特長

弊社が製造・販売している流動化処理土は、自社で開発製造した改良土「ユニ・ソイル」を使用するリサイクル型埋め戻し材です。

  • ご使用の目的に合わせて、安定した品質の流動化処理土を製造し提供する事が可能
  • 輸送時間にも配慮した製造工場の立地(仙台市内・札幌市内へのアクセス)
  • 改良土「ユニ・ソイル」を使用するリサイクル型埋め戻し材のため、環境保全に貢献

「流動化処理土 -製造から打設までの流れ-」

 

流動化処理土 関連ページ

  • 流動化処理土について

    流動化処理土について

    オデッサ・テクノスの「流動化処理土」について、特性なども含めてを解説します。

  • 弊社の強み(流動化処理土)

    オデッサ・テクノスの強み

    オデッサ・テクノスが製造する「流動化処理土」の強みと特長をご紹介します。

  • 液状化対策に「流動化処理土」

    液状化対策に「流動化処理土」

    流動化処理土は、強度と高い密度により液状化を防げるうえに、再掘削が可能です。

  • 流動化処理土の製造の流れと品質・製品管理

    製造の流れ・品質

    流動化処理土の製造の流れと品質・製品管理についてご説明します。

  • 流動化処理土 実績紹介

    実績紹介

    道路復旧や地下鉄工事など、流動化処理土を使用した施工実績をご紹介します。

  • 工場案内

    工場案内

    オデッサ・テクノス株式会社には宮城県と北海道に直営工場があります。

 

導入のご相談などお気軽にお問合せください

  • お問合せ/ご相談

    流動化処理土のご相談やお見積りのご依頼など、お気軽にお問合せください。

  • 022-792-7380

    お急ぎの場合は、お電話にてお問合せください。

 

流動化処理土 ご提供可能エリア

工場から2時間以内で運搬できる場所であれば、ご提供可能です。

  • 北海道エリア:札幌市、石狩市、小樽市、当別町、江別市、北広島市、恵庭市、千歳市、岩見沢市
  • 宮城県エリア:仙台市、石巻市、塩竈市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市、富谷市、他 県内全域

お問い合わせ

セントールビル外観

オデッサ・テクノス株式会社

(本社および管理本部)
〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡2-2-10 セントールビル5階
※平成30年10月1日(月)に移転しました TEL 022-792-7380
FAX 022-792-7383
Email info@odessa-t.co.jp

事業所

仙台工場

〒983-0034 宮城県仙台市宮城野区扇町7-4-3

札幌工場

〒007-0881 北海道札幌市東区北丘珠一条3-654

石狩工場

〒061-3244 北海道石狩市新港南1丁目28番26

  • エコアクション21

  • さっぽろエコメンバー認証レベル3(☆☆☆)オデッサ・テクノス株式会社

  • 北海道認定リサイクル製品

  • JWnet

  • e-reverse.com

  • オデッサ・テクノス公式YouTubeチャンネル