固定式汚泥処理
固定式汚泥処理

固定式 汚泥処理(施設への持込処理)

固定式 汚泥処理(施設への持込処理)

固定式 汚泥処理」とは、汚泥を発生現場から収集運搬車(※1)で処理施設(※2)に持ち込み、そこで中間処理を行う方法です。

排出事業者が直接 処理施設(許可取得工場)に持ち込む場合、許可は不要です。
(会社名・産業廃棄物運搬車の表記を車の両側に明示し、マニフェストに必要事項を記載)

(※1)産業廃棄物収集運搬業許可を取得している業者に委託し、収集運搬委託契約を締結する必要があります。
(※2)産業廃棄物処分業許可を取得している業者に処分委託し、処分委託契約を締結する必要があります。

廃棄物処理法における汚泥の適正処理

1.汚泥の処理を委託する場合

汚泥の処理を委託した場合、処理後の改良土と占有権及び責任は中間処理事業者に移行します。

1.汚泥の処理のみを委託する場合の流れ

2.汚泥の処理を委託し現場などで再利用する場合

汚泥の処理を委託し、発生現場や他現場などで再生利用する場合は、処理後の改良土を有償で購入していただく必要があります。

2.汚泥の処理を委託し現場などで再利用する場合の流れ

オデッサシステム 固定式汚泥処理施設

オデッサシステムを完備した自社リサイクル工場が、宮城県仙台市と北海道札幌市、石狩市の3拠点にあり、適正な処理にてお客様のご要望に的確・迅速に対応します。

  • 仙台工場

    仙台工場
    処理品目 無機性汚泥
    処理能力 1,440m³/日(24時間)
  • 札幌工場

    札幌工場
    処理品目 無機性汚泥
    処理能力 300m³/日(10時間)
  • 石狩工場

    石狩工場
    処理品目 無機性汚泥
    処理能力 1,440m³/日(24時間)

固定式 汚泥処理(施設での処理)を行った場合の費用例

脱水処理の場合 オデッサシステムの場合

費用:①+②+③+④

①収集運搬費
※中間処理施設へ運搬

②中間処理
(脱水処理)

③収集運搬費
※中間処理施設へ運搬

④最終処分費
※なお、さらに最終埋立処分の場合、
産廃税が徴収される場合があります。

費用:①+②

①収集運搬費
※中間処理施設へ運搬

②中間処分費
(オデッサシステム)

処理後の改良土はリサイクル

 

汚泥処理やリサイクルについて、弊社までお気軽にお問合せください

  • お問合せ/ご相談

    汚泥の処理やリサイクルに関するご相談やお見積りのご依頼など、お気軽にお問合せください。

  • 022-792-7380

    お急ぎの場合は、お電話にてお問合せください。

 

汚泥処理(固定式処理)受入可能エリア

  • 北海道エリア
    石狩管内市町村:札幌市、石狩市、江別市、北広島市、恵庭市、千歳市、当別町、新篠津村
    後志管内市町村:小樽市、余市町、ニセコ町、倶知安町 ほか
    空知管内市町村:岩見沢市、南幌町、三笠市、砂川市 ほか

    ※その他、運搬可能な場所であれば汚泥処理をお受けいたします。

  • 宮城県エリア
    仙台市、石巻市、塩竈市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市、富谷市、他 県内全域
  • 他エリア
    岩手県、富山県、岐阜県、静岡県、三重県、大阪府、和歌山県、鳥取県、岡山県、熊本県、沖縄県

 

汚泥リサイクル処理 関連ページ