固定式汚泥処理
固定式汚泥処理

汚泥リサイクル処理

固定式汚泥処理

汚泥の発生現場に処理施設を持ち込み、現場内で処理する「移動式処理」に対し、「固定式処理」とは、汚泥の発生現場から収集運搬車にて処理施設が設置(固定)されている処理場へ持ち込み、そこで中間処理する場合です。処理経費は受け入れ量の多少に関らず影響される事が少ないのが特徴です。

→各固定式施設(工場)について詳細はこちら

固定式処理料金

脱水処理の場合 『中間処理(脱水処理)』+「収集運搬処理」+「最終処分費」
※尚、さらに最終埋立処分の場合、産廃税が徴収される場合があります。
オデッサシステムの場合 『中間処理(造粒固化)』のみ。→処理後の改良土はリサイクル

 

汚泥リサイクル処理 関連ページ

 

汚泥処理やリサイクルについて、弊社までお気軽にお問合せください

  • お問合せ/ご相談

    汚泥の処理やリサイクルに関するご相談、お見積りのご依頼など、お気軽にお問合せください。

  • 022-792-7380

    お急ぎの場合は、お電話にてお問合せください。