重金属汚染土壌浄化処理システム
重金属汚染土壌浄化処理システム

重金属汚染土壌浄化処理システム

自然由来の汚染土壌で最も発生頻度が高いヒ素が含まれた汚染土壌を浄化

オデッサ・テクノスの汚染土壌浄化処理システムは
分級・洗浄工程を経て特殊鉄粉による磁力選別でヒ素を回収します。

土壌汚染対策法の経緯

平成14年に土壌汚染対策法が成立してから、土壌汚染に対する関心は高まり、平成22年4月に改正法が施行されました。その後、平成29年5月19日に土壌汚染対策法の一部を改正する法律が公布され、第1段階が平成30年4月1日に施行、第2段階は平成31年4月1日から施行されました。
法整備が進む中、重金属による汚染土壌への防止対策の社会要請がより一層強まっています。

自然由来の汚染土壌で最も発生頻度が高いヒ素が含まれた汚染土壌を浄化

そういった状況の中で、汚泥処理技術を開発した技術力と長年培った汚泥リサイクルのノウハウを活かし、湿式磁力選別機を使用する汚染土壌浄化処理システムを開発しました。

新たな汚染土壌浄化処理システムは、特殊鉄粉と循環水を混合した汚染土壌を粗砕・分級した後に、湿式磁力選別機にてヒ素(重金属)が吸着した特殊鉄粉を分離・回収し、浄化後は、浄化土(処理土)として再利用が可能になります。
この新たなシステムを導入することで、ヒ素が含まれた汚染土壌を全量浄化(※)し、回収した特殊鉄粉を繰り返し再利用することで処理にかかるコストの削減を実現します。※土壌汚染対策法基準にて

 

重金属汚染土壌浄化処理システムの導入に関するご相談について、お気軽にお問合せください

  • お問合せ/ご相談
  • 022-792-7380

    お急ぎの場合は、お電話にてお問合せください。

 

関連コラム記事

お問い合わせ

セントールビル外観

オデッサ・テクノス株式会社

(本社および管理本部)
〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡2-2-10 セントールビル5階
※平成30年10月1日(月)に移転しました
TEL 022-792-7380
FAX 022-792-7383
Email info@odessa-t.co.jp

事業所

仙台工場

〒983-0034 宮城県仙台市宮城野区扇町7-4-3

札幌工場

〒007-0881 北海道札幌市東区北丘珠一条3-654

石狩工場

〒061-3244 北海道石狩市新港南1丁目28番26

  • よくあるご質問(Q&A)

  • エコアクション21

  • さっぽろエコメンバー認証レベル3(☆☆☆)オデッサ・テクノス株式会社

  • 北海道認定リサイクル製品

  • JWnet

  • e-reverse.com

  • オデッサ・テクノス公式YouTubeチャンネル