品質基準(試験内容)
品質基準(試験内容)

品質基準|改良土「ユニ・ソイル」

コーン指数(トラフィカビリティー)

下図は、工法別の汚泥を用いた改良土「ユニ・ソイル」の材齢経過によるコーン指数の推移を示しています。いずれの改良土「ユニ・ソイル」も材齢24hにおいてコーン指数が 800kN/m2以上となっており、「土質区分基準」に示す第2種処理土に該当することがわかります。 このことより、短時間にて十分なトラフィカビリティーの確保が可能な、良質な土木資材であることがわかります。

改良土「ユニ・ソイル」のコーン指数

設計CBR値

膨脹比は非常に小さく、膨潤による上部構造物および土構造物の変形、破壊の危険性はないものと考えられます。CBR値は通常60%程度と非常に大きく、路床材および路盤材として要求される性能は十分に確保できます。

改良土「ユニ・ソイル」のCBR値

原泥及び改良土「ユニ・ソイル」の粒度分布

下図3では、原泥およびそれを改良し作製した改良土「ユニ・ソイル」の粒度を示しています。原泥の粒度が階段粒度であるのに対し、広がりと形状とも改良されていることがわかります。また、改良土「ユニ・ソイル」の均等係数Ucは通常、10〜20、曲率係数Uc’は1.0〜1.5の範囲に分布しています。
両係数は粒度分布の広がりや形状を示すもので、日本統一土質分類法における粒度分布の良否判定ではUc≧10および1<Uc’≦の範囲であれば、その土の粒度は良好であるとされています。両係数は上記の範囲を満たしており、良好な粒度分布を示していることがわかります。

改良土「ユニ・ソイル」の粒度分布

溶出試験結果の一例(一部抜粋)

計量項目 計量結果 環境基準値
カドミウム 0.001mg/l 未満 0.01mg/l 以下
六価クロム 0.005mg/l 未満 0.05mg/l 以下
シアン化合物 不検出 不検出
総水銀 0.0005mg/l 未満 0.0005mg/l 以下
セレン 0.001mg/l 未満 0.01mg/l 以下
0.001mg/l 未満 0.01mg/l 以下
ヒ素 0.001mg/l 未満 0.01mg/l 以下
フッ素 0.1mg/l 未満 0.8mg/l 以下
ホウ素 0.1mg/l 未満 1mg/l 以下