平成30年度建設副産物実態調査(H30センサス)が開始されました。

2018.05.25

2019.05.07【お知らせ】和暦表示を一部訂正/更新しました

これまで国土交通省が平成7年度から5年周期で実施してきた「建設副産物実態調査」ですが、平成30年度の調査として4月1日以降に完成した工事を対象に調査を開始しました。

以下、国土交通省から発表されている調査の概要です。

平成30年度建設副産物実態調査(H30センサス)の概要

H30センサスは、1.利用量・搬出先調査、2.再生処理施設の稼働実態調査(施設調査)の2つの実態調査から構成されています。

1.利用量・搬出先調査

目的 建設工事の建設資材利用量及び再生資材の割合・供給元状況等、建設副産物の発生量・場外搬出量及び搬出先状況等を把握することを目的とします。
調査対象 調査対象は、平成30年度(平成30年4月1日から平成31年3月31日までの間)に完成した建設工事を対象に実施。
【公共・民間公益工事】
平成30年度に完成した請負金額100万円以上の全ての工事。
【民間工事】
1)「資源有効利用促進法」に定められた一定規模以上に該当する工事(通年分)。
2) 平成30年9月に完成した請負金額100万円以上の全ての工事。

提出期限

公共・民間公益工事 令和元年5月31日(金)
※各発注機関から連絡協議会事務局への提出期限
民間工事 1) 令和元年5月31日(金)
※各社本社から連絡協議会事務局への提出期限
民間工事 2) 平成30年11月30日(金)
※各社本社から連絡協議会事務局への提出期限

2.再生処理施設の稼働実態調査(施設調査)

目的 平成30年度の建設副産物の中間処理施設、最終処分場等の立地状況・処理能力等を調査するとともに、建設副産物の再資源化施設からの流れについて調査することを目的とします。
調査対象 建設副産物を取り扱う中間処理施設、最終処分場等

提出期限

再生処理施設の稼働実態調査(施設調査) 令和元年5月31日(金)

調査結果は、建設副産物対策を総合的に推進することを目的に、「建設リサイクル法」や「建設リサイクル推進計画2014」の目標達成及び次期建設リサイクル推進計画策定のための基礎情報を把握するためとし、一般公表は平成31年令和元年8月に予定されています。

参照元:国土交通省「平成30年度建設副産物実態調査の実施について
調査要領:国土交通省「平成30年度建設副産物実態調査(PDF)

平成30年度建設副産物実態調査(H30センサス)に関するご質問などは国土交通省に直接お問合せください。

 

汚泥の処理やリサイクル、流動化処理土の導入に関するご相談など、お気軽にお問合せください

  • お問合せ/ご相談

    汚泥処理に関するご相談やお見積りのご依頼など、お気軽にお問合せください。

  • 022-792-7380

    お急ぎの場合は、お電話にてお問合せください。

 

汚泥処理/リサイクル 対応可能エリア

  • 北海道エリア:札幌市、石狩市、小樽市、当別町、江別市、北広島市、恵庭市、千歳市、岩見沢市
  • 宮城県エリア:仙台市、石巻市、塩竈市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市、富谷市、他 県内全域
  • 他エリア:岩手県、埼玉県、東京都、富山県、岐阜県、静岡県、三重県、大阪府、和歌山県、鳥取県、岡山県、熊本県、沖縄県

お問い合わせ

セントールビル外観

オデッサ・テクノス株式会社

(本社および管理本部)
〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡2-2-10 セントールビル5階
※平成30年10月1日(月)に移転しました
TEL 022-792-7380
FAX 022-792-7383
Email info@odessa-t.co.jp

事業所

仙台工場

〒983-0034 宮城県仙台市宮城野区扇町7-4-3

札幌工場

〒007-0881 北海道札幌市東区北丘珠一条3-654

石狩工場

〒061-3244 北海道石狩市新港南1丁目28番26

  • よくあるご質問(Q&A)

  • エコアクション21

  • さっぽろエコメンバー認証レベル3(☆☆☆)オデッサ・テクノス株式会社

  • 北海道認定リサイクル製品

  • JWnet

  • e-reverse.com

  • オデッサ・テクノス公式YouTubeチャンネル